地形ダイビングとは・・・
水中には、陸上と同じように様々な地形があります。
海底からそびえ立つ根、断崖絶壁、アーチ、洞窟など・・・ダイバーの冒険心や好奇心を満たしくれる地形ダイビングは、アドベンチャー・ダイビングのひとつのスタイルと言えます。

日本列島の周辺のダイビングポイントは、火山の噴火により地殻変動や溶岩が流れ込むなどして、水中の地形を作り上げます。私達がホームグラウンドとしている伊豆半島や伊豆七島は、その自然の変化によりできたダイナミックな根やアーチ、洞窟などの地形ポイントが豊富です。

沖縄諸島、パラオ、モルディブなど世界中に点在するサンゴ礁の島々は、島の沈降、海面の上昇、地殻変動や侵食、サンゴ礁の隆起などの様々な要素で地形が作り上げられます。長いときを経て作られた自然の造形物は、私達ダイバーに自然の神秘の素晴らしさを教えてくれています。

地形ダイビングの注意点はポイントによって異なりますが、潜る前にその地形の特徴や、ポイントのリサーチが必要になります。リサーチすることで、ポイントを理解し、見所を見逃さずにダイビングすることができることでしょう。
地形ダイビングの魅力
地形ポイントとして代表される根は、海底から隆起している巨大な岩場です。
深場から根のトップまでの幅広い深度の生物層や景観を楽しめるのが根の醍醐味です。また、大きさは異なりますが比較的どこにでもあるので、一番身近な地形ポイントといえるでしょう。
ウォール(断崖)/ドロップオフ
陸上でいう崖や断崖(ウォール)絶壁に相当する地形で、豪快な景観はダイバーを魅了します。サンゴ礁のリーフエッジからほぼ垂直に海底まで続き、壁面は10数m〜海底の見えない数100mまで落ち込んでいることもあり大迫力!潮の流れが入ることも多いので、回遊魚や大型の魚たちと遭遇は高確率です。
クレバス
岩棚に入った深い割れ目を言います。
比較的壁との間が狭いため、岩壁に囲まれている様なアドベンチャー的な景観を楽しむことができます。洞窟ほど閉鎖的ではないのでオープンな感じで地形を楽しめます。
アーチ
岩がアーチ(橋)状や門の様になっている地形を言います。
人が通れるほどの大きなアーチは、ダイナミックの景観がダイバーの中でも人気のポイントになっています。
ケーブ
水中にある洞窟のことで英語では、Cave(ケーブ)と綴られます。
私達レジャーダイバーが潜るポイントとしては、光が届く範囲、出口が確認できる洞窟などをメインに潜ります。洞窟内から見る出入口の光の差し込みや、天井の裂け目からの光の差し込む景観がとても神秘的です。直浮上できない環境の洞窟もあるので、潜る前に十分な情報を得て計画を立て安全に潜ります。
ホール
ホールポイントには、出入口が多少狭い場合もありますが、中に入ると空間が広がり、光が差し込むダイナミックな地形を堪能できます。名前の通り“ホール(穴)”が、縦に空いている場合と横に空いている場合のポイントがあります。
地形ダイビング・ポイント  日本全国、世界中の地形ダイビングポイントへ!
 近場ポイント紹介
熱海 アドベンチャーダイバーが好むポイントを全て揃えている熱海。
沈船はもちろんのこと、地形ポイントの代表はソーダイ根。いくつもの根が重なり起伏に富んでいます。圧巻はすり鉢状になっている急深の千畳敷で、海底は50mも60mもあるとも。上から見下ろすだけでもダイナミックな地形が堪能できるはず。また、もう1つの地形ポイントとは、11月〜3月に期間限定オープンの『小曽我洞窟』。水深は浅目なので、じっくりと地形を堪能することができます。メインライトは必携です。
伊東 伊東を代表するダイナミックポイントの白根は、水深70mから立ち上がる巨大な根。根の壁はドロップオフとなり豪快な景観を見ることができます。ポイントは4つに分けられ、それぞれに異なる面白さがあります。
期間限定(春〜秋)ポイントの五島根は、全長600mもの巨大な根の周りがポイントになり、北・中・南と3のエリアに分かれています。流れが入ることも多い伊東屈指のダイナミック地形ポイントです。
雲見 伊豆半島の中で代表的な地形ダイビングポイントの雲見。
港からボートで2〜3分と目の前にあるポイント牛着岩には、アーチ、トンネル、ケーブ、クレバスなどの様々な地形ポイントが点在し、ダイバーを飽きさせません。ライトを片手にアドベンチャー気分を満喫できること間違いなし!
 離島ポイント紹介
八丈島 東京から南へ約300kmにある伊豆諸島のひとつ八丈島は、八丈小島と合わせると伊豆諸島でダイビングポイントの多さではNO1を誇ります。その中でも、ビーチ、ボートに限らずダイナミックな地形ポイントが豊富で、アーチやケーブ、ドロップオフも数多く点在しています。また、黒潮の恩恵を受けているので、通年通して透明度も良く生物層も豊かな海なのです。
佐渡島

佐渡島は、日本海に浮かぶ日本一大きな島です。
沖を流れる対馬海流の恩恵を受け、初夏から秋に掛けては、水温も高く透明度も抜群になります。島周辺に様々なポイントが点在し、洞窟、ドロップオフなどの地形ポイントも豊富です。

沖縄
本島
沖縄本島には、幅広く全てのダイバーに対応できる豊富なポイントがあります。生物の豊富さや美しいサンゴ礁の方が話題なることが多いですが、幻想的な洞窟や数十メートル縦の穴に落ちるホールなどの地形ポイントも存在しています。
与那国 日本の最西端に位置する与那国島は、ハンマーヘッドや遺跡でダイバーにも人気のあるところですが、実は地形ポイントがとても豊富。縦穴、横穴と様々な形の穴があり、洞窟やアーチなどの地形を楽しむことができます。また、透明度の高い海なので、穴から差し込む光がとても美しく神秘的です。
パラオ パラオの代表的な地形は、やはりダイナミックなドロップオフ。数十メートルか数百メートルの海底から真っ直ぐ伸びてくる壁は圧巻です。そして、そこで遭遇する回遊魚や大物達もパラオならではの見所。ドロップオフ以外の地形も豊富で、ブルーホールやシャンデリアケーブなどがあり、地形と生物の両方を満足させてくれるところです。
地形ダイビングに必要な器材
地形のスタイルによって必要な器材が異なります。
最適な器材をチョイスすることで、大自然の壮大な造形美を安全に楽しむことができます。
メインライト 洞窟やアーチなど光が届かない暗い場所では、全体的に照らすことのできる光量の大きなライトは必携です。安全ダイビングのためにも、地形をより楽しむためにも欠かせない器材です。
サブライト 小型ライトは、昼間のダイビングにも常備したい器材です。メインライトが水中で使えなくなったときのためのサブとして使用することもできます。
ストロボ
ライト
水面でボートを待っているときに、視界が悪かったり、暗くなってきてしまったときに活躍するのがストロボライト(点滅ライト)です。できるだけ遠くに届く明かりと、長時間電池&電球が持つ物がいいでしょう。
シグナル
フロート
ドロップオフなどでダイビングする際の必須アイテムです。海外のポイントによっては、携帯を義務付けられているところもあります。水面にいる際、ボートクルーなどに自分の位置を知らせるのに必要なグッズで、ボート・ダイビングでは携帯していると安心です。
カレント
フック
ドロップオフで潮がリーフに当たる場所で待機するダイビングスタイルのとき、カレントフックで体を安定させることができます。写真を撮ったり、サンゴ等にダメージを与えないためにも必要となります。
水中スレート 潜るポイントを予め記載したり、潜りながら目印を記入したりと、移動の際に必要な情報を記載していく場合などにとても便利な道具です。
水中ナイフ 水中拘束になった場合など、そこから脱出するためにダイバーナイフを使います。安全を守るために使う、便利で実用的な道具として携帯します。
地形ダイビング開催は、ツアースケジュールをご確認ください!→ ツアースケジュール
地形ダイビングの開催報告は、ツアー報告をご覧ください!→ ツアー報告!
地形ダイビングに関連するスペシャルティコース
ディープ・ダイバー オリエテーション・トゥ・ダブルス
ドリフト・ダイバー アドバンスド・ダブルス
アドヴァンスド・エクイップメント
メールでのお問い合わせ    ミスタヒチ