ディープ・ダイビングとは・・・
水面を通して海中にまで降りそそぐ陽光。
しかし、潜る深度が増すほど、その光は失われてゆきます。そんなディープ・ダイビングには、まったく別の世界に出会える魅力があります。

自然光にかわるブルーの世界、水深30mの海底に沈む沈船。ウミトサカにキンギョハナダイが舞う華麗な光景。美しいハゼの仲間が生息する姿。そこには、水深18mを超える海中でしか見ることのできない幻想的な世界が広がり、エキサイティングなポイントも数多く点在しています。

もちろんダイバーにとって、深く潜れることはダイビングスキルの優越とイコールではなく、むしろ誤って深く潜ってしまった場合、正しい方法で対処できることのほうが、よりダイビングスキルを身につけていることの証しとなります。

ディープの魅力といつも背中合わせにあるさまざまな注意点はもちろん、水深18m以深の水中環境を知り、より安全にディープ・ダイビングが楽しめるような知識を習得することが必要です。潜る深度と時間を決める潜水計画の立て方、減圧理論の学習、そして水圧のかかる様子の観察のほか、安全停止や浮上方法もシッカリ身につけたダイバーが行ける世界です。

ディープ・ダイビングをマスターすれば、世界中にあるレックやケーブポイントをはじめ、ワクワクするようなアドベンチャラスなポイントへも、安全にチャレンジすることが可能になります。
ディープ・ダイビングの魅力
ディープ・ダイビングはその活動じたいよりも、その技術を他の特別な活動に使うという点が、ディープ・ダイビングの特徴です。ディープ・ダイビングのトレーニングでリクリエーショナル・ダイバーはその限界深度である40メートルまで到達します。この深度を体験したことで、ダイバーに楽しむことのできる領域を広げることができるのです。
ウォール(断崖)・ダイビング
水中で最も豪快な景観は、海の中のウォール(断崖)でしょう。
ウォールとは水中の岩山、サンゴ礁などの崖が垂直に切り立っているところを言います。浅いところから数十メートルも落ち込んでいるのが普通です。ダイバーやフォトダイバーは浅いところで見ることのできない水中生物やその様子を見ながら、ウォールを探検しています。ウォールの中で人気があるのは、水温が温かく、澄んでいる世界各地のサンゴ礁ですが、水温の低い水域でも、水中にそびえるとがった岩山のようなロケーションでは、やはり豪快なウォールを見ることができます。
レック・ダイビング
深い海には多くの沈船が眠っています。この水域に安全に到達するには、レック・ダイバーはディープ・ダイバーであることが必要です。もちろん、18メートルより浅いところでも、有名な沈潜がありますが、さらに深く潜れるスキルがあれば、レック・ダイバーが潜水可能なダイビングポイントを増やすことができます。
ディープ・リーフ (深いサンゴ礁)
リクリエーショナル・ダイバーのダイビングできる深度ぎりぎりのところにリーフがあることがあります。そのようなウォールでダイをすれば、浅い水域では見られない水中生物を見る機会が生まれることになります。また、垂直に深いところまで落ち込むウォールとは違って、ある深度に横に広がるリーフ(サンゴ礁)もあります。
サーチ&リカバリー
紛失した物を探すために、サーチ&リカバリー・ダイバーが深く潜ることがあります。深いところでサーチ活動をするには、サーチ&リカバリーの手順はもちろん、ディープ・ダイビングの手順が必要です。
昔の瓶、化石といったごく当たり前の物を探すときには、ダイバーが身につけている大深度のダイビングスキルが、発見のチャンスを広げてくれます。
ディープ・ダイビング・ポイント  日本全国、世界中のディープダイビングポイントへ!  
 近場ポイント紹介
熱海 以前、火山の噴火によって山が丸々一つ海中に没してしまったことによってできた地形が現在のダイビングポイントになっているソーダイ根。最深部は100mを超え、レジャーダイビングだけではなくテクニカルダイビングのトレーニングとしても最適です。プロダイバーもファンが多いこのポイントの見所は、やはりどこまでも垂直に落下していく大胆な地形と、四季を通して楽しめる目を瞠るような美しいソフトコーラル。広く大きなポイントなだけに、幾通りもの計画で何度でも楽しめます。
伊東 伊東港沖約1qにある無人島、手石島。この手石島は、荒々しい岩肌と水底から立ち上がる切り立った尾根という地形。伊東のほとんどのポイントが火山岩でできていて、手石島がそのまま水中に沈んだような地形であり、とてもダイナミックで存在感のあるポイントばかりです。中でも“白根 南”は陸から連なる岩場を潜るのとは違って、大深度から立ち上がるいかにも噴火した山そのもの。複雑に形成された地形が幾重にも連なるドロップオフや、アーチ、水路はもちろん、ここには水深70mまで一気に落ち込む超ドロップオフがあり、スーパーディープダイブが楽しめます。
獅子浜 ビーチダイビングながらも、大深度でしっかりとダイビングできる獅子浜。伊豆半島では数少ないテクニカルダイビング用のガス供給やガイドロープ、重装備でも楽にEN・EXができる桟橋やスロープなども常に用意されており、その際はここをトレーニング地としているダイバーも多い。水深5m付近から一気に50mまで急斜する水中は、至る所に漁礁が設置されていて、減圧時間も楽しく過ごせます。潜降後、すぐに深度が取れる地形は、ディープダイビングトレーニングには最適な地形です。
大瀬崎 数多くある大瀬先のビーチポイントの中で、一番潮当たりの良い先端。潮の影響からか、回遊魚や珍生物なども多い。ゴロタ石と砂地のドロップオフ地形で、深くなればなるほど砂地が広がり、ムチヤギの群生が現われる。水深60m程まで落ち込み、しっかりとディープダイビングが楽しめるが、急激に流れが入ることもある。特に深場の砂地付近で潮の方向が変化すると、キックで戻ってくるのが困難なこともあるので注意が必要です。
ディープ・ダイビングに必要な器材
ディープダイビングには浅いところのダイビングでは必要としない器材が必要になります。その必要器材はダイビングポイントによって違ってきます。これにはあればいい器材と絶対に必要な器材があります。
潜降・浮上
ライン
ボートあるいは水面にフロートから下げたロープはダイバーの潜降・浮上のコントロールを可能にします。潜降時に耳の圧平衡するために、停止が簡単にできます。また、視認目標として使えるので、方向感覚の維持に役立ちます。とくに、浮上時には安全停止、緊急減圧停止のために5メートルのところに、停止するには、ラインが重要になってきます。
緊急用
呼吸器材
ディープ・ダイビングではメインのタンクを使い切ってしまっている可能性もあります。そのためにレギュレーターをつけた予備タンクをラインの5メートルのところに下げておき、万一緊急減圧停止をする空気が足りないダイバーに備えるものです。このラインは安全停止のためにも使用できます。
ライト 深度下では光が不足すると考えられるときには、水中用の照明が必要になってきます。多くのダイバーがディープ・ダイブのときにはライトを携行し、光の吸収により失われた色彩を再現させています。
ダイブ
テーブル


水中
スレート


ダイブコン
ピューター
ダイビング中にダイブ・プランの変更をしなければならないことが生じることがあります。これに備えて水中でダイブ・プロフィールの再計算ができることは重要です。
ディープ・ダイバーは自分たちの潜水計画のタイム・リミットを水中スレートに書き込むだけでなく、時間/深度とともにそのリミットを越えてしまったときの代案の時間/深度のリミットも書き込んでおくことが要求さえます。そのためには水中でも利用できるダイブ・テーブルが必要になります。
リクリエーション・ダイブ・プラナー(RDP)のようなダイブ・テーブルがあれば水中での再計算が可能です。
ダイブ・コンピューターは自動的に計算を続け、そのダイバーの状況をリアルタイムで表示します。ところがダイブ・コンピューターにもいくつかの欠点もあるので、ダイブ・テーブルで再検討しておくことが重要です。
ディープダイビング開催は、ツアースケジュールをご確認ください!→ ツアースケジュール
ディープダイビングの開催報告は、ツアー報告をご覧ください!→ ツアー報告!
ディープダイビングに関連するスペシャルティコース
ディープ・ダイバー オリエテーション・トゥ・ダブルス
アドヴァンスド・エクイップメント アドバンスド・ダブルス
メールでのお問い合わせ    ミスタヒチ